9月27日から10月2日までお休みします。この間の発送はできませんので、予めご了承ください。お問い合わせの返信もお休みします。

SORANOSITA

津野永輔さんのお米1kg 自然栽培 高知県産(玄米・七分)

¥1,000

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「soranosita.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「soranosita.net」を許可するように設定してください。

太陽のヒカリと雨水を受けて多種多様な生き物たちの生きる循環の中で育つ津野永輔さんのお米は、そこで生きる生き物たちの営みの和(輪)です。香りがとても良く、炊き上がったお米の艶と丸みを帯びた膨よかな香りは、豊かな大地と自然の風味そのものです。一口食べるとお米の甘味と丁度良い粒感とモチっと感があり、炊きたての美味しさはもちろんのこと、冷めても尚大変美味しいお米です。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ゆうパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 ¥1,500
    • 東北

      • 青森県 ¥1,190
      • 岩手県 ¥1,190
      • 宮城県 ¥1,190
      • 秋田県 ¥1,190
      • 山形県 ¥1,190
      • 福島県 ¥1,190
    • 関東

      • 茨城県 ¥980
      • 栃木県 ¥980
      • 群馬県 ¥980
      • 埼玉県 ¥980
      • 千葉県 ¥980
      • 東京都 ¥980
      • 神奈川県 ¥980
      • 山梨県 ¥980
    • 信越

      • 新潟県 ¥980
      • 長野県 ¥980
    • 北陸

      • 富山県 ¥980
      • 石川県 ¥980
      • 福井県 ¥980
    • 東海

      • 岐阜県 ¥980
      • 静岡県 ¥980
      • 愛知県 ¥980
      • 三重県 ¥980
    • 近畿

      • 滋賀県 ¥980
      • 京都府 ¥980
      • 大阪府 ¥980
      • 兵庫県 ¥980
      • 奈良県 ¥980
      • 和歌山県 ¥980
    • 中国

      • 鳥取県 ¥980
      • 島根県 ¥980
      • 岡山県 ¥980
      • 広島県 ¥980
      • 山口県 ¥980
    • 四国

      • 徳島県 ¥980
      • 香川県 ¥980
      • 愛媛県 ¥980
      • 高知県 ¥980
    • 九州

      • 福岡県 ¥980
      • 佐賀県 ¥980
      • 長崎県 ¥980
      • 熊本県 ¥980
      • 大分県 ¥980
      • 宮崎県 ¥980
      • 鹿児島県 ¥980
    • 沖縄

      • 沖縄県 ¥1,400

津野永輔(1969年生まれ)さんの田んぼは、四万十町東部の四万十川中流にあります。清らかな水と寒暖の差が適度にある事で、美味しいお米の取れるお米の産地です。


(栽培品種)ヒノヒカリ
(栽培面積)1ヘクタール(10反)

(反収)4俵

*高知県で栽培されるお米の反収は平均7俵から8俵です。これらは化学肥料や有機肥料を入れたお米が主になります。自然栽培では一反から取れるお米の量が平均の約半量になります。


[栽培方法]
無肥料・無農薬栽培。自家採種5年。
箱苗、水苗代で育苗後定植。


四万十川の支流、中神ノ川に流れる水と降り注ぐ太陽の光が育む津野さんのお米。長年の経験の上に、毎年変わる気候を肌で感じ取り、稲の育ちを観察して適期に必要な手助けをする。無肥料栽培で何より大切な仕事はタネの特性を理解し、そこでの生命の営みの循環に栽培者自身が参加して自然を味方につける事です。「ありがとう」と声をかけ、稲の育ちを手助けする事。稲との暮らしを楽しむ時間がお米を育てます。


お米への愛情は味に反映するものだと考える津野さんは「自然観察の中で人間がお手伝い出来る最高の助手になりたいと思ってます」と言います。

[生産者:津野永輔さんから]

以前、あるチベットの高僧のミイラがとても芳しく良い香りがするという話を聞いたことがあります。その高僧は生涯粗食で純粋な食べ物しか食べなかったそうです。僕はその話を聞いて「僕もいつか死ぬ、もしかしたら野山で野垂れ死ぬかもしれないし、死後数日、数ヶ月経ってから発見されるかもしれない。その時に腐らず良い香りのする津野永輔でいたいと思ったんです。

先日、僕のお米を買ってくれるお客様に言われて凄く嬉しかったことがあって、その方は日々酵素玄米を食べているそうなんですが、以前買っていた有機玄米は三日も経つと臭くなるけれど、僕のお米は何日経っても臭くならないと言って追加注文してくれました。これも無肥料栽培の成果かなと思います。

農薬や肥料は使い過ぎると、農作物には 硝酸態窒素が残留しますし、過度な養分は河川に流出して川や海を汚します。僕は魚も美味しく食べたいので、海や川を汚したくないという思いもあります。僕一人が無肥料栽培をしたからと言って、大した力にならないかもしれなけれど、気がついた人から自然を汚染しない取り組みをしていくことが大切だと思うので、僕の栽培方法を真似してくれる人がいればどんどん真似して!と言いたいですね。

Related Items関連商品
  • 土佐一 囲い生姜200g
    ¥600
  • 極小玉 自然栽培 黄柚子1.5k(24玉前後)
    ¥900
  • ヤマモモ生姜シロップ180ml
    ¥1,500

Mail Magazine

新商品やキャンペーンなどの最新情報をお届けいたします。